カマグラゴールドに関わる3つの物質

cGMPとPDE-5とシルデナフィルという物質があります。
いかにも聞き慣れない専門用語なのですが、この3つはカマグラゴールドという薬のメカニズムを理解するためには重要です。
メカニズムを理解するためには、我々が緊張する時の感覚を説明しなければなりません。
ちょっと何かの概念を理解する事を考えてみましょう。
何かものを覚える時に、緊張の度合いが強すぎる時と程よく緊張している時はどちらの方がものを理解するのがスムーズでしょうか。
後者だと思います。
異常に緊張しすぎますと、それが災いして頭に物事がすっと入ってこないという事も起こりえると思います。
もちろん全く緊張しないのもちょっと問題かと思いますが。
基本何かものを理解する時には、程よい緊張が望ましいものです。
むやみやたらに緊張してしまいまいますと、何かものを覚えるのにちょっと引っ掛かってしまう事も起こり得るものです。
皆様も何となくそれは心当たりがありませんでしょうか。
もっとも上記の話は、私の独自の考え方です。
実際には過剰な緊張でも、ものを理解するのが極端に困難にならないのかもしれませんが。
私の独自の考え方では、「過剰な緊張はものを理解するのを妨げる」と考えております。
なぜこのような話をしたかと言いますと、これがカマグラゴールドのメカニズムを理解するのにちょっとしたキーポイントになってくるからです。
結論から言いますと、いわゆる勃起力を妨げているのは緊張なのです。
あまりに緊張し過ぎていますので、血液が肝心の部分に行かないのです。
本来でしたら海綿体に血液が流れて勃起するわけです。
しかし緊張し過ぎる事によって、血液が流れていかないのです。
その結果、勃起しないという症状が発生するのだそうです。
我々が肝心な時に勃たないのは、緊張しすぎているのが一因と言われています。
相手を喜ばせようとするあまり緊張し過ぎてしまい、勃たないという症状が発生するのだそうです。
したがって、緊張を解きほぐすのが重要というわけです。
cGMPという物質は、この緊張を和らげる効果があるのだそうです。
その結果、勃起をするのだそうです。
しかしずっとcGMPが体内に生成され続けると、勃起し続ける事になってしまいます。
それはちょっと色々な意味で危険だと思います。
ですので、PDE-5という物質がそれを抑えるのだそうです。
ところがEDになっている時は、色々とバランスが崩れてしまっています。
したがってPDE-5が過剰に生産されてしまうのだそうです。
その結果、勃たないというわけです。
そこでシルデナフィルという物質の出番になる訳です。
シルデナフィルはカマグラゴールドに含まれています。
シルデナフィルは、PDE-5の働きを抑えてくれるのだそうです。
その結果は、勃起が発生するという仕組みなのです。
ある意味シルデナフィルは、物質のバランスを調整してくれる働きもあるかと思います。
ただ人によっては副作用もあるそうですので、服用に際してはやはり医師の方々にそれを相談をする方がより無難ですよね。
いずれにせよ上記のようなメカニズムによって勃起力が生まれる点は、ちょっと覚えておいた方が良いと思います。
何事も原理を知るのは重要です。

Comments are closed.